05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

みかんごーごー

BVE Trainsim関係のアドオン・ツール配布

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ブレーキ弁の再現について 

当サイトで公開している国鉄型車両のブレーキ弁は大きくわけて二通りの物を再現しています。

ME38ブレーキ弁とME48ブレーキ弁

bv.png
これらのブレーキ弁は弁内部の電気部と呼ばれる部分に電気接点を有しており
電気ブレーキ・抑速ブレーキ・ATSを制御することができます。
BVE上ではブレーキ弁を目視することはできませんが、セルフラップ帯でブレーキを払う時の音で確認する事ができます。
ME38ブレーキ弁の音
ME48ブレーキ弁の音


ME38ブレーキ弁

ME38angle.png
ME38ブレーキ弁は電気ブレーキ帯が25度からはじまっています。
BVE上ではB3から電気ブレーキが立ち上がるよう再現しています。


ME48ブレーキ弁

ME48angle.png
ME48ブレーキ弁は電気ブレーキ帯が15度からはじまっています。
BVE上ではB2から電気ブレーキが立ち上がるよう再現しています。


抑速ブレーキ時の空制取り扱い

抑速ブレーキ作用中に空制を取り扱った場合、直通帯50度までは抑速ブレーキと空制を併用することができます。
抑速ブレーキの最中に減速が必要になった場合はブレーキ弁を操作し直通ブレーキを付加させて下さい。
50度をこえてブレーキ弁を操作すると、抑速ブレーキはオフとなり電気ブレーキが立ち上がります。
BVE上ではB5が50度相当です。


ATS確認接点について

ATS確認の接点はME38・ME48共に30度から自動ブレーキ帯をはさみ非常まで取り付けられています。
BVE上ではB3から確認扱いができるよう再現しています。


EBリセット接点について

EB装置が設置されている車両は、ブレーキ弁ハンドルを大きく操作することによりEBリセットの操作をすることができます。


ちょっとしたテクニック

電気ブレーキの臨界速度付近で一瞬ブレーキを払って込める動作をすると、条件次第では電気ブレーキが外れてくれる事があります。
電気ブレーキがもう必要ない速度で空制のみで速度調節したい際に便利です。

Posted on 2013/01/27 Sun. 12:06 [edit]

category: 運転操作

TB: --    CM: --

27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。